電話加入権の購入を効率的に行う方法を知ろう

電話回線を引くときには専門の業者に相談しよう

ピックアップ

固定電話の種類

電話加入権を取得することができれば、自宅やオフィスで固定電話を使用することができるようになります。固定電話にはいくつか種類があり、使用している回線などに違いがあります。

事例を役立てる

電話加入権を購入する事によって、電話を設置することが出来るようになります。そうして電話を設置することによって、どのようなメリットがあるのかというのを効率的に知るためには事例が一番です。

費用を把握する

電話加入権を購入する場合には、どの程度の費用が必要になるかを適切に把握するための方法の一つとして、見積もりがあります。この見積もりを利用すればとてもスムーズに費用を把握できます。

電話加入権の売買

市場で売買される電話加入権

電話加入権正式には施設設置負担金と言われるものは、NTTの加入電話を引く時に必ず必要になります。電話加入権は、以前は7万2千円でしたが現在は3万6千円です。半額になりましたが決して安い金額ではありません。その為NTTからではなく電話加入権を扱っている業者から購入する方もいます。そのような業者からだと安く購入することが出来ますが、注意すべき点もあります。もし前権利者が電話加入権を手放してから日が浅ければ、未払いの電話料金が残っている場合があります。未払いの電話料金が残っていれば、もしその電話加入権を購入した場合その未払い電話代も引き継ぐことになってしまいます。NTT以外から電話加入権を購入する場合には、電話加入権の買取時に未払い金の有無の確認を行っている業者から購入することが重要です。

加入権料無しのサービス

NTTの加入電話を引くのに必要な電話加入権は3万6千円と高額な為、購入を躊躇してしまいますが、実は加入権料無しでもNTTの電話を使用することが出来ます。加入電話ライトプラントというサービスは月額の基本料金が加入権料有りの場合より少し高くなってしまいますが、加入権料無しでも加入電話を使用することが出来ます。またKDDIやソフトバンクグループなど他の通信会社でも加入権料が不要なサービスを提供しています。今後NTTの電話加入権も廃止されるのではと言われていますので、加入権料が必要の無いサービスの使用を検討してみるのも良いと思います。もし仮に加入権料有りのプランに変更したい場合は、いつでも電話加入権を購入すれば変更可能です。

Copyright © 2015 電話加入権の購入を効率的に行う方法を知ろう All Rights Reserved.